消防隊を優先し、学生時代は酒を控えた

大学院時代にもボランティアに参加した。

日本には米国のようなボランティアがありませんが、できればぜひ参加したいですね。日本の消防大学校と消防学校で特別講師をしたこともあります。「消防の国際化」いうテーマで、そこでもボランティア制度の必要性を訴えました。

大学時代だけでなく、その後にニューヨークの大学院に通ったときも消防のボランティアに参加しました。免許は持っていたので、自宅マンションの近くの消防署に行って即日入隊しました。

大学生活との両立は大変でしたが、バックネル大は田舎にあり、ほかにやることがあまりありません。インターネットもない時代で、勉強には集中しやすい環境でした。ほかの学生は息抜きによくお酒を飲みに出かけていましたが、私は消防隊の活動のためにほとんど飲みませんでした。

[日経産業新聞 2019年8月5日付]

<<(6)社長業を見据えて米の大学へ 消防署でボランティア
(8)日本勤務、支社から風穴 在留資格の問題で一苦労 >>

「仕事人秘録セレクション」は金曜更新です。


管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR


商品企画・プロモーション・マーケティング基礎講座/日経ビジネススクール

マーケティングの基礎を学ぶ講座から、企画・戦略の立案に役立つ実践講座まで!

>> 講座一覧はこちら

ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら