地域課題に挑む大学生へ 先輩起業家からのアドバイス日経ソーシャルビジネスコンテスト

ミートアップの登壇者 左上から時計回りに横田浩一さん、矢田明子さん、福島大悟さん、上田沙耶さん、高島千聖さん
ミートアップの登壇者 左上から時計回りに横田浩一さん、矢田明子さん、福島大悟さん、上田沙耶さん、高島千聖さん

日本経済新聞社が様々な社会課題を解決するビジネスアイデアを表彰する「日経ソーシャルビジネスコンテスト」の学生向けミートアップイベントが8月下旬、オンライン上で開かれた。地域課題に取り組む大学生らが登壇、先輩起業家からアドバイスを受けた。

ミートアップへの参加者は、大学生が広島大学1年の福島大悟さん(第3回日経ソーシャルビジネスコンテスト学生部門賞受賞)、立命館大学4年の高島千聖さん、青山学院大学4年の上田沙耶さんの3人。学生たちからの質問を受けるメンター役として、コミュニティナースカンパニーの代表取締役、矢田明子さん。進行役は横田アソシエイツ代表取締役の横田浩一さん。

コミュニティナースカンパニーの代表取締役、矢田明子さん

看護師でもある矢田さんのコミュニティナースカンパニーは、島根県雲南市を拠点に全国展開しており、地域発ソーシャルビジネスのお手本のような存在。「街中で誰もがナースのように健康をサポートできるように」(矢田さん)というコンセプトを掲げ、個人への研修や自治体・企業へのアドバイザリー事業などを行っている。ミートアップは自己紹介の後、大学生らの悩みに矢田さんが答えるという流れで進んだ。

福島 広島大学総合科学部1年の福島大悟です。現在、瀬戸内海にある広島県大崎下島の久比地区に住んでいます。人口は約460人、高齢化率は約70%です。高校生のときから過疎や高齢化の問題に向き合ってきたのですが、過疎化が進むのは、物事をすべてお金で解決しようとするような社会になってしまったからではないかと気づき、お金ではなくて、地域を「ありがとう」だけで回してみようと思いました。そこで立ち上げたのが感謝の意を表す「まめな手形」を島内で流通させて、地域のつながりを再構築するプロジェクトです。久比は本当に物々交換で集落の中を野菜や肉、魚が回っているようなところなんです。

広島大学1年の福島大悟さん

それから久比は、訪問看護のベンチャー企業や酒造りのベンチャー企業、僕ら広島大学の学生がどんどん入ってきているんですが、外部の人が物々交換のコミュニティの中に入るのは時間がかかるものなので、まめな手形を使うことで、地域のおじいちゃんおばあちゃんたちとのやり取りのハードルを下げていこうかなと考えています。

高島 立命館大学文学部の地域観光学専攻4回生の高島千聖です。1回生のときから京都北部の伊根町という地域の活性化に携わる学生団体「オランアース」に所属し、2年目で代表を務めました。

伊根町は京都北部の海沿いの小さな町です。人口は約2000人で、高齢化率は約40%。舟屋という有名な観光地があるのですが、わたしたちが活動しているのは田んぼと海と山に囲まれている本庄地区というところです。

立命館大学4年の高島千聖さん

ブリやイカなどの海の幸だけでなく、京野菜や鶏卵、日本酒も有名です。地元愛が強いところで、学生が何かやりたいと言うといつも快く協力してくださいます。コロナで地域に足を運びにくくなったというのもあって、ECサイトで伊根のこだわり食材の販路拡大という新たなプロジェクトを始めようと動いています。

上田 青山学院大学の経営学部4年生の上田沙耶と申します。愛媛県伊予市の双海町にいます。地域おこし協力隊の制度を使って、大学生を続けながらこちらに引っ越してきました。双海には祖父母の家があって、レストランもやっています。人も景色も本当にすてきな場所なのに次の時代に続かないというのはすごく嫌だなと思って、地方創生に関係する本を読みあさりました。色々と妄想も膨らんで、やりたいことは双海にあるとわかったので、普通に就職するのはやめてこちらに来ました。

青山学院大学4年の上田沙耶さん

今は「双海町が贈るご褒美の晩酌」ということで鱧(はも)やタイ、じゃこ天とか、恋しぐれという地元のパン屋さんが作っているお菓子とかをEC販売しています。双海の良さを知ってもらうための小冊子も送っています。「おうちソクたび」という旅のサイトを運営する会社とコラボして、ライブ中継で旅をしている感覚を味わってもらったりとかもしています。いつも発送業務に追われています。

今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
注目記事
次のページ
地域で活動する学生が抱える様々な悩み
今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録