コロナ後の雇用・業績 テレワーカビリティが左右

テレワークのしやすさが雇用維持のカギ
テレワークのしやすさが雇用維持のカギ
新型コロナウイルスの感染拡大は企業の業績に打撃を与えるとともに、テレワークの普及など労働環境を大きく変えています。そうしたなか、テレワークのしやすさを示すテレワーカビリティという指標に関心が高まっています。テレワーカビリティが高いほど、コロナ禍の影響が少ないといます。みずほ総合研究所の小野亮理事(調査研究担当)に寄稿してもらいました。(記事の最後に小野理事がテレワーカビリティを軸にマーケットを見通した解説動画があります)
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
今こそ始める学び特集