「AIの不備」どうカバー? 富士通・JCBの挑戦

発展途上のAI技術を活用するにはAIの不備をカバーすることが必要になる。写真はイメージ
発展途上のAI技術を活用するにはAIの不備をカバーすることが必要になる。写真はイメージ
日常の商品管理からマーケット戦略の決定まで、人工知能(AI)は企業経営のあり方を大きくバージョンアップさせそうです。ただAI自体は、まだまだ発展段階の技術。AI経営に詳しい寺嶋正尚・神奈川大学経済学部教授は拙速な導入を戒めるとともに、導入後の運用面でも「AIの不備に対して必要に応じて人間が介在するシステムを構築するなど技術的なリスクマネジメントが欠かせない」と話します。
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら