安心して「ボケ」られるか? 良い職場の条件に

どんな「笑い」が受け入れられるかは、働きやすい職場のバロメーターになる。写真はイメージ
どんな「笑い」が受け入れられるかは、働きやすい職場のバロメーターになる。写真はイメージ
新型コロナウイルス禍で状況が変わったとはいえ、笑いのある職場は働きやすく、新しいアイデアも生まれやすいということに異論は少ないでしょう。そうした職場の条件の一つに「安心してボケられる」があります。おもしろくない「ボケ」でも周囲のフォローや理解で会話の潤滑油にしてしまうような職場です。元お笑い芸人で現在は大学でコミュニケーション学を教える瀬沼文彰氏の連載です。
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら