副業は「自分ファースト」で 会社推奨は残業と同じ?

副業は「個人の権利」として考える必要がある。写真はイメージ
副業は「個人の権利」として考える必要がある。写真はイメージ
副業への関心が高まっています。しかし、会社の思惑と働く側の思いは同じでないかもしれません。「会社推奨」の副業は会社にとって都合のよい「残業」になりかねない、と同志社大の太田肇教授は警鐘を鳴らします。
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら