仕事ができない高学歴社員はなぜ生まれるか

IT、AIは「能力」の基準を一変させた。写真はイメージ
IT、AIは「能力」の基準を一変させた。写真はイメージ
「仕事のできない高学歴社員」が皆さんの部署にいないでしょうか。共通するのは自己評価と周囲の評価に大きなギャップがあることで、はた迷惑な態度や行動につながっています。多くはいわゆる一流大学を卒業したり、MBA(経営学修士)の資格を持っていたりしています。いくら間違いを周りから指摘されても、仕事ができなくても自分に問題があることを認めようとせず、なかには「頭の悪いやつにはわからない」と吐き捨てるケースも。問題は会社や社会が彼らの能力を評価しないのではなく、むしろ高く評価しすぎたことがポイントだと同志社大学政策学部の太田 肇教授は指摘します。
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら