本能寺の変 信長の死角は「ガバナンス軽視」

「本能寺の変」には現代の企業トップ解任に通じる面も(本能寺・信長公廟、京都市)
「本能寺の変」には現代の企業トップ解任に通じる面も(本能寺・信長公廟、京都市)
諸説飛び交い、今も謎が多い本能寺の変(1582年、天正10年)ですが、研究も進んでいます。織田家のナンバー2だった明智光秀と主君の信長との確執は何だったのか。光秀が新しい人事政策や担当分野の政策転換などで追い詰められ、やがて謀反に傾く光秀を家老の斎藤利三が強力に後押ししました。企業のトップ解任にも通じる造反劇の経緯を追いました。
注目記事