東大はゴールじゃない 開成前校長の反骨人生

開成前校長の柳沢幸雄氏が学園長を務める北鎌倉女子学園
開成前校長の柳沢幸雄氏が学園長を務める北鎌倉女子学園
新型コロナウイルス感染が再拡大する中、まもなく2021年の受験シーズンを迎えます。東京大学の合格者数で39年連続の日本一を達成した進学校、開成中学高校(東京・荒川)。同校の前校長の柳沢幸雄さん(73)は、北鎌倉女子学園(神奈川県鎌倉市)の学園長に就任しました。開成、東大、米ハーバード大と日米の教育界の王道を歩んできましたが、実は反骨精神にとんだ研究者でした。柳沢さんに自身の経験と独自の教育論を聞きました。