「地銀、10年後に半減」中小の事業承継にも利点か

「地銀の数が多すぎる」との菅首相は指摘。写真はイメージ
「地銀の数が多すぎる」との菅首相は指摘。写真はイメージ
地方銀行の再編機運が再び高まっている。菅義偉首相は「地銀の数が多すぎる」と発言したほか、麻生太郎金融相が「現状のまま維持していくのは人口構造を考えると難しい」と指摘するなど呼応する発言が相次ぐ。人口減少による顧客基盤の縮小や低金利の長期化で、地銀経営は苦境に陥っている。ウィズコロナ時代に、地銀が持続可能な金融機関であるためにはどうすればよいか。再編後の地銀は、地域経済を支える中小企業との関係にも変化が訪れるのか。「10年後、地銀は半減する」と予測する、東洋大学の野崎浩成教授に話を聞いた。
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
今こそ始める学び特集