気候と温暖化の「ファクトフルネス」

今年の夏は記録的な暑さだった(8月、大阪市)
今年の夏は記録的な暑さだった(8月、大阪市)
今年は戦後「最も暑い夏」で、8月の平均気温は東日本で平年より2.1度、西日本で1.7度高く、1946年の統計開始から東日本で最高、西日本でも過去最高の2010年と並んだという(気象庁まとめ、8月30日まで)。猛暑の原因を地球温暖化だけに求めるのは、将来の見通しを誤る。国際的な気候変動問題に精通しているキヤノングローバル戦略研究所の杉山大志・研究主幹は「温暖化問題は中長期視点で観測データを分析し、新たなニーズに対応した技術の芽を育てていくべきだ」と説く。
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
今こそ始める学び特集