在宅勤務で「コロナ太り」 危険はメタボだけでない

「コロナ太り」は命に関わる病気につながる可能性もある。写真はイメージ
「コロナ太り」は命に関わる病気につながる可能性もある。写真はイメージ
在宅勤務でのリスクは「コロナ太り」であけではありません。新型コロナの重症化のリスクにもなり得る問題について、現時点での最良の対処法を産業医に相談してみてください。深刻な持病がない限り、かかりつけ医を持たない働く人は多数に及びます。けれども発熱等の症状が出た場合の対処だけでなく、生活習慣病やがん、そして心身の機能低下を避けるためにも、かかりつけ医を持ちましょう。
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
今こそ始める学び特集