プロのコーデ 大人もOKのショートパンツ選び

《この写真の記事を読む》大人もOKなショートパンツ選び 足元は好相性の革を

ROLストアセールスマネージャーの葛西剛史さん
「化学繊維よりもコットンなどの天然素材の方が大人らしく見えやすいです」
「短いボトムスには、ゆったりめのトップスを合わせるようなバランスが大事」
ジャケット 1万8000円(アールイーメイドイントウキョウジャパン)、Tシャツ 6800円(カーリー)、パンツ 1万4800円(バーンストーマー)、レザーシューズ 1万3500円(コジマシューメイカーズ)
ウエスト部分の裏地には、大滝詠一や杉山清貴のアートワークで知られる永井博氏のイラストが配されている。見えない部分に大人の遊び心が感じられる
「ジャケットを脱いでも物足りなさを感じさせないのは生地のおかげ」

サンダルと革靴の中間的な作りで、かかとを踏んではける
シャツ 1万2500円(ラモンド)、パンツ 1万4800円(バーンストーマー)、ビーチサンダル 1万4800円(アイランドスリッパ)
シャツは丈が長すぎないので、もたつきのない印象に
ビーチサンダルもスエード素材で違った印象に

Tシャツ 8100円(カーリー)、パンツ 9000円(イタリア軍デッドストック)、サンダル 6300円(ベンチ)
Tシャツの裾は切りっぱなしのようなつくり
遊び心をプラスするサンダル

※表示価格は税抜き。


夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash