多拠点生活時代到来か コロナで進む名より実の住宅選び

日経クロストレンド

withコロナ時代は、家を含む最寄り駅周辺を行動範囲とし、この範囲内でなるべく生活を完結させようと考える。飲食店もBよりAを選ぶ回数が増える?(井出氏への取材を基に編集部で作成)
withコロナ時代は、家を含む最寄り駅周辺を行動範囲とし、この範囲内でなるべく生活を完結させようと考える。飲食店もBよりAを選ぶ回数が増える?(井出氏への取材を基に編集部で作成)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴ってリモートワークが広がり、住むという概念が一変した。全国を転々としながら暮らす「多拠点生活」という生き方が夢物語ではなく、現実味を帯びてきたのだ。一方、既存の住宅地では選別が始まる。本当に暮らしやすいかどうかを求め、しなやかに住み替える時代が訪れるかもしれない。
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧