いつまでもビリギャルでいられない 米大学院への挑戦

ギャルの女子高生が慶応義塾大学に合格するまでを描いた「ビリギャル」のモデルとなった小林さやかさんは、2019年夏から始まったNIKKEI STYLE U22の連載「ビリギャルもう1回勉強するよ」で様々な分野の「いまさら聞けない」質問を、専門家にぶつけてきました。そして、さやかさんは現在、再び受験勉強にまい進しています。目指すは米国の大学院。なぜまた受験しようと思ったの? なぜ海外へ? 新たな挑戦について聞いてきました。

――2019年4月から聖心女子大学大学院で学習科学の研究を始めましたよね。それから1年たって、今度は米国の大学院に行くと宣言しました。30歳を超えてからの海外留学はハードルが高そうですが、なぜそのように思ったのですか。

「慶応を卒業してから、一時期、ウエディングプランナーとして働いていました。ちょうどそのころ、高校時代の塾の恩師、坪田信貴先生が書いた『ビリギャル』の本が出ました。2013年です。ありがたいことにビリギャル本人である私も講演などに呼ばれるようになって、ここ5年ほどは『ビリギャル本人』という肩書で活動してきました。でも、私も32歳。いつまでもビリギャルでいいのかな? という思いが強くなってきました」

「どうすれば日本の教育がもっとよくなるかを研究したくて大学院に入ったのですが、もし本気で研究するなら一度は日本を出て、日本の教育を客観的に見る目を持ったほうがいいと、坪田先生に言われ続けてきたことも大きなきっかけです。海外旅行先で日本の習慣を改めて見直すことってあるじゃないですか。それと同じで、日本の教育の何が良くてどこが惜しいのか、留学して初めて実感できるんじゃないかと思ったんです。私は大学院で学習科学を研究しているけれど、講演で話していることは、正直、これまでの経験頼み。留学先で改めて学んで、教育をもっと理論面で深掘りしたいんです」

――なかでも、なぜ米国の大学院と決めたのですか?

「米国のトップスクールには全世界から人が集まってる。だから、そこに行くだけでいろんな価値観に触れられると思いました。今、新型コロナウイルスの影響で米国の大学はオンライン授業になっているところが多いです。本当は合格できれば来年夏からの留学を考えていたけれど、もしその時点でまだオンライン授業のみだったら留学する意味がないから、入学時期を延期することも考えています」

今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
注目記事
次のページ
毎日、7時間以上は英語を勉強
今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録