タクシーの謎……なぜ大手4社は「大日本帝国」?編集委員 小林明

東京都内のタクシー大手4社のことを、業界関係者は「大日本帝国」と呼んでいるそうだ。大手4社とは大和自動車交通、日本交通、帝都自動車交通、国際自動車の各グループのこと。頭文字である「大」「日本」「帝」「国」をつなげると「大日本帝国」になるというわけ。

でも、なぜ「大日本帝国」なのだろうか?

やはり、単なる偶然の一致にすぎないのだろうか?

そもそも、大手4社はいつごろ生まれたのか?

あれこれと考えているうちに、好奇心が湧いてきた。そこで業界関係者に取材してみることにした。すると、「大日本帝国」の謎の背後に歴史に埋もれた意外な秘話が隠されていることが分かった。今回はこうしたタクシー業界にまつわる様々なウンチクについて取り上げてみたい。まずは「大日本帝国」の謎について解き明かしたうえで、さらに東京におけるタクシー勢力図や「どうせ乗るならば、黒塗りのタクシーに乗った方が得」という実用情報などについても紹介する。

社名に隠された戦時下の秘話とは……

取材に応じてくれたのは、東京都千代田区にある一般社団法人、東京ハイヤー・タクシー協会(東タク協)の秋山利裕・広報委員長。秋山さんは、チェッカーキャブグループ(チェッカー無線)に加盟する山三交通(東京・江東)の社長も務める業界の事情通である。

最初に業界の基本情報についておさらいしておこう。

皆さんは、全国にハイヤー・タクシーが一体、何台あるかご存じだろうか?

「全国のハイヤー・タクシーの総台数は24万6322台。その約2割にあたる5万872台が都内で営業しています」と秋山さんは話す。都内大手4社で保有台数が最も多いのが日本交通(3264台)。次いで国際自動車(3029台)、大和自動車交通(2390台)、帝都自動車交通(939台)。4社の保有台数合計は9622台。つまり、都内のハイヤー・タクシーの総台数(5万872台)の約2割、都内の法人タクシー(3万1092台)の約3割を大手4社が占めている計算になる。これがざっくりとした状況だ。

軍・政府による統制策が影響?

いよいよ、気になっていた疑問をぶつけてみる。

「ところで東京のタクシー大手4社の頭文字をつなぐと、どうして『大日本帝国』になるのでしょうか? ただの偶然ですか? それとも何か理由があるのでしょうか?」

秋山さんは手元の資料を眺めながら、ゆっくりと口を開いた。

「実は、戦時下の軍・政府による統制策が大きく関係しているようです……」

どうやら、時計の針を「戦時下」に巻き戻す必要がありそうだ。

エンタメ!連載記事一覧