戦友は迷彩女子 大人の戦争ごっこ「サバゲー」

敵味方に分かれてエアソフトガンで撃ち合いをするサバイバルゲームが男性だけでなく、女性の人気も集めている。エアガンのレンタルや更衣室を備えた専用フィールドが郊外に増え、スポーツ感覚で手軽に楽しめるようになったからだ。ストレス解消に加えて、映画やゲームのように迷彩服を身にまとうコスプレ要素も魅力のようだ。
サバイバルゲームに参加した女性たち(神奈川県相模原市)

「闘争本能に火がついた」

今月12日、相模原市にある専用フィールド「SPF GAME FIELD」でサバイバルゲームが開かれた。アパレル会社の経営者や映像クリエーターなど20人ほどの参加者のうち、4人が女性だ。ルールは2チームに分かれ、相手チームを全滅させるか、相手陣地にあるブザーを鳴らせば勝ち。弾が当たった人は「ヒット」と自己申告して退場する。

敵陣地に向かって走る女性参加者(神奈川県相模原市)

「ブザーに向かって私が走るので、後から援護して下さい」。取材のためゲームに参加した記者に、同じチームの女子大生(23)は大胆な提案をした。敵陣のブザーは目の前だが、茂みに隠れた敵兵からの攻撃が激しく、膠着状態にあった。「1、2、3」の合図とともに女性が障害物から飛び出し、勇猛果敢に敵の最深部まで走った。無事ブザーを押して我がチームは勝利。「一気に攻めたのが良かった」と笑顔を見せる。

今回初めて参加した武田和希さん(23)は最初の2ゲームで2人を倒す戦果をあげた。「最初は怖かったけど、すぐに闘争本能に火が付いた。男女の差はあまり感じず、良い運動になった」と笑う。ミリタリーファッションに身を包んだ女性参加者は「コスプレ要素も楽しい。本物の軍隊っぽくならないように、迷彩のTシャツに単色のズボンを合わせた」と話す。

女性ファンの増加でエアガンの販売も伸びている。最大手の東京マルイ(東京・足立)は2013年3月期の売上高が前の期と比べて3割増えた。企画室の島村優係長は「映画やゲームで興味を持って始める人が増えている。6万円もする高級品をいきなり買っていく初心者もいる」と話す。

MONO TRENDY連載記事一覧