ギグワーカーの実態は 国内に1000万人、副業で注目

料理を配達する「ウーバーイーツ」はギグワーカーの代表例
料理を配達する「ウーバーイーツ」はギグワーカーの代表例

「ギグワーカー」という言葉をよく耳にするわ。インターネットを通じて単発の仕事を請け負う人たちのことだそうよ。新型コロナウイルス禍でギグワーカーの仕事はどうなっているのかな。ギグワーカーの現状と課題について、石鍋仁美編集委員が溝江淳子さんと鈴木正美さんに解説した。

――そもそもギグワーカーとは何ですか。

ギグは音楽用語でライブハウスなどに居合わせた演奏家らの軽い合奏を指します。そこから転じて単発で短期の仕事に従事する人を「ギグワーカー」、そうした働き方を前提に成り立つビジネスや市場を「ギグエコノミー(経済)」と呼ぶようになりました。

単発の仕事は昔からありましたが、ネットで人と仕事を手軽に結びつけられるようになり注目が集まったのです。いまギグ経済というと主にネット経由の仕事を指します。

――どんな仕事があるのでしょうか。

消費者に身近な分野では配達や接客、家事代行など以前からあるサービスがネットを使った働き手の確保に熱心です。料理を自転車などで配達する「ウーバーイーツ」が代表例で、配達員には拘束時間ではなく1件ごとに報酬が支払われます。語学や料理などを教える人もいます。

最近増えているのは現場に出向くのではなく、主にネットやパソコンで仕事をする人たちです。商品やウェブサイトのデザイン、映像の編集、プログラミングといった分野では、仕事探しから契約、制作、納品までネット上ですませるギグワーカーの活動が目立ちます。

消費者向けではありませんが、コンサルティングやマーケティング、法務、財務、人事など企業経営の根幹にあたる部分でも仕事を単発で外部の個人に発注する動きが広がり、ギグ経済の流れに組み込まれつつあります。ビジネスのプロセス全体がデジタル化されたことや、必要となる機器の低価格化、高性能化もギグ経済の流れを後押ししているといえます。

――どんなメリットがありますか。

企業など発注する側にとっては、需要の増減や事業の展開に応じて柔軟に人材を確保できる点が長所です。働く側には、好きな時間に特技を生かして収入を得る道が開けます。自宅のパソコンでできる仕事を内外から請け負い、子育てや介護と両立させている例などがあります。

これから注目されそうなのが副業としてのギグワーカーです。大手企業でも在宅勤務や副業を認める動きが広がると、翻訳や企画作成などのギグワークを隙間時間に自宅でこなす社員が増えるかもしれないという予測もあります。

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
次のページ
ちょっとウンチク
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら