ジャガイモ、スイセンでも中毒 身近な植物に潜む危険『植物はなぜ毒があるのか』

アジサイが美しい季節になった。道沿いに咲く鮮やかな姿に心癒やされる人も多いだろう。だがそのアジサイの葉には「毒」があることをご存じだろうか。青酸やフェブリフジンといった人体にとって有毒な物質が含まれており、食べると嘔吐(おうと)や吐き気、めまいに苦しめられる。季節感があるからといって、間違っても料理の飾りにはしないことだ。

このように、身近に存在する有毒植物について詳しく説明しているのが本書『植物はなぜ毒があるのか』。ここ10年の有毒植物による食中毒被害データを参照しながら、毒の特徴やメカニズム、有毒植物に接するときの注意点、さらには毒にまつわるトリビア的な知識を紹介。植物生理学の専門家で甲南大学教授の田中修氏と、脳神経病理学が専門の弘前大学助教の丹治邦和氏の共著で、医学的・疫学的な見地からも植物の効用を解説しているのが特徴だ。

ニラと間違えて食中毒に

ジャガイモ、スイセン、イヌサフラン。これはほぼ毎年、食中毒を起こしている「身近な三大有毒植物」である。本書によると、過去10年の間にジャガイモで食中毒になった患者は346人、スイセンでは180人、イヌサフランは患者数こそ19人だが死亡者は8人に上る。

ジャガイモの芽に毒があることはよく知られているが、その「芽かき」(芽の部分を深く取り除くこと)が不十分であったり、緑色の表皮にも毒が含まれることを知らずに食してしまうことが食中毒の原因になっている。スイセンとイヌサフランは「誤食」が原因だ。それぞれ、「ニラ」と「ギョウジャニンニク」に間違えられて食卓にのぼってしまうのだという。

とくにスイセンは、観賞用としても好まれ、あちこちで栽培されている。自生もしている。だが葉っぱや根に「リコリン」という有毒物質を持っていることはあまり知られていない。リコリンは消化器系に働きかけ、吐き気、嘔吐、下痢といった症状を引き起こす。家庭菜園などで植栽する場合はニラと混ざらないよう、じゅうぶんに注意されたい。

毒性がアルツハイマーに効く

著者は、人間や他の動物によって自分のからだが食べられることを防ぐために、植物は毒をもつのだと説く。だが、人間も毒にやられっぱなしではない。植物の毒性を「薬」に変じることで、積極的に活用している。

先ほど紹介したスイセンは、リコリンとともにガランタミンという有毒物質を有している。このガランタミンは食中毒の原因になるが、人体の「アセチルコリン」という神経伝達物質の量を保つ働きがあることが1960年代に明らかになったそうだ。アセチルコリンの量が関わる病の代表は、アルツハイマー病である。アルツハイマー病ではアセチルコリンの低下がみられるが、その低下を防ぐ薬として日本や欧米ではガランタミンが活用されているという。

本書は他にも、ヒノキの香り「ヒノキチオール」が肺炎球菌の増殖を抑える研究成果など、興味深いエピソードが満載である。最近では外出自粛の影響で、家庭菜園を楽しむ人が増えていると聞く。本書で有毒性を確認するとともに、より植物に親しんでみてはいかがだろうか。

今回の評者=高野裕一
情報工場エディター。医療機器メーカーで長期戦略立案に携わる傍ら、8万人超のビジネスパーソンをユーザーに持つ書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」のエディターとしても活動。長野県出身。信州大学卒。

植物はなぜ毒があるのか

著者 : 田中 修、丹治邦和
出版 : 幻冬舎
価格 : 880円 (税込み)

ビジネス書などの書評を紹介
注目記事
ビジネス書などの書評を紹介