70年代デジタルの名品「パルサー」復刻 米ハミルトン

2020/4/18
日本では復刻を要望する声が多かった。5月に発売する「ハミルトン PSR」
日本では復刻を要望する声が多かった。5月に発売する「ハミルトン PSR」

50代にとっては懐かしく、20代はおしゃれ心を刺激されそうだ。1970年代に一世を風靡した米ハミルトンの「パルサー」復刻モデルが、5月から売り出される。1970年に史上初のLED式ハイテクデジタル時計としてさっそうと登場。初代モデルは18Kイエローゴールドで400本限定、価格は2100ドルと「自動車1台分」にあたる高価さでも話題をさらい、エルヴィス・プレスリーが求めたことでも知られる。とりわけ日本では復刻を希望する声が多かったといい、発売50年をへて再登場することになった。

左2つがPSR。2代目(右)のサイズとフォルムをそのまま再現した
ハミルトンPSR ケース:直径40.8×34.7mm ステンレススチール 100m防水 駆動装置:デジタルクオーツ 税別価格:9万円
ハミルトンPSR ケース:直径40.8×34.7mm ステンレススチール 100m防水 駆動装置:デジタルクオーツ 税別価格:12万円(限定BOX付き)

72年に発売されたパルサーの初期モデル「P1」は横のボタンを押すと画面上に赤く時刻が表示されるもの。時刻の設定はブレスレット裏に隠れた磁石のバーで行うユニークな仕掛けだった。続いて売り出された2代目「P2」は初代の角形ゴールドから、丸みのあるステンレススチール製ケースへと変わり、価格も抑えてヒット商品となった。

復刻するモデル「ハミルトン PSR」はP2を3Dスキャンして、サイズや形をそっくりそのまま再現した。時刻表示には液晶と有機ELを使い、常時時刻を表示する。ハミルトンは時計での「パルサー」の名称をセイコーに譲渡しているため、復刻モデルではパルサーとせずに「PSR」とした。

5月初旬からハミルトン直営店とオンラインブティック、ビームス直営店とビームスオンラインショップで先行予約を開始する。店頭での発売は6月から。ステンレススチール製で2色を用意し、ゴールドは1970本の数量限定としている。

希少な70年代「パルサー」はビンテージ時計の市場で人気だ

Watch Special 2020

日経電子版 NIKKEI STYLE Men's Fashion 「Watch Special 2020」では、注目の腕時計新作、最新トレンド、インタビュー、ビジネスパーソンのための腕時計基礎講座など、多彩なコンテンツを提供しています。

>> Watch Special 2020はこちら

夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash