リーガルではじめの1足探し 新社会人にアドバイス

《この写真の記事を読む》
「新社会人よ、最初の1足はプレーントゥ」石津祥介氏

茶のストレートチップを手におすすめの靴について話す石津祥介さん(左)とリーガルコーポレーションの若松隆行さん(東京都中央区のREGAL日本橋)
同じプレーントゥでもつま先で表情が異なる。右は丸みがあり、左は細くとがり気味
横から見ると違いが一目瞭然。最近は左のようにノーズの長いタイプが好まれるという
リーガルではパターンオーダーにも力を入れている。デザイン、革、靴底などを選ぶのも楽しい
1960年代半ばに売り出した、VANリーガルの当時のカタログ

「石津祥介のおしゃれ放談」記事一覧

Watch Special 2020
SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト