間違っていませんか? ウオーキングシューズ選び

旅行、散策、会食、観劇……。「お出かけ」はセカンドライフの最大の楽しみ。忙しかった現役時代から一転、平日やオフシーズンに自由に遊びに行ける暮らしは「頑張ってきた自分へのボーナス」だ。でも、あまり張り切りすぎて、体を痛めたりしては元も子もない。今回は旅行や外出時の心身の負担をより小さくしてくれる靴、鞄(かばん)など“バリアフリー外出グッズ”を紹介しよう。(ジャーナリスト・高嶋健夫)
京王百貨店新宿店の婦人用ウオーキングシューズ売り場はウィークデーの昼の時間帯でもアクティブシニア客で賑わっている

男性にも多い外反母趾、原因はゆる過ぎる靴に!?

シニア向けの靴といえば、今や定番になっているのが「ウオーキングシューズ」。明確な定義はなさそうだが、一般的には靴底の衝撃吸収性(緩衝性)、軽量性、通気性などを追求し、「足や膝、腰への負担を軽くしてくれる、長時間履いても疲れにくい靴」の総称と捉えておけば間違いない。

一口にウオーキングシューズと言っても、本格的なスポーツ用(ウオーキング・ランニング用、ハイキング・トレッキング用など)から、街中を歩くためのカジュアルなタウンシューズタイプまで、種類はいろいろ。海外の高級ホテル・レストランのドレスコードにも合うようなファッショナブルな婦人用シューズ、スーツ・ネクタイ着用で履いてもおかしくない男性用シューズなども増え、品そろえは普通の革靴とほとんどそん色ないくらいに充実している。

そこで、まずは専門家に「ウオーキングシューズの選び方」を教えてもらった。訪れたのは、東京・新宿西口にある京王百貨店新宿店。同店は日本一のデパート激戦区・新宿で売り場面積約4万3000平方メートルと最小規模ながら、1994年にいち早く女性客を中心にした中高年層にターゲットを絞り、業界の常識を覆す独自の商品政策(MD)と売り場・動線づくりを断行。いまや“シニア一番店”として絶大な支持を獲得している。

中でもウオーキングシューズは品ぞろえが充実。1階にある婦人靴売り場の専用コーナーは常時1000足を展開し、年間8万足を売り上げ、靴業界では“日本一のウオーキングシューズ売り場”として知られる。

そのMDを担当する婦人雑貨部婦人靴・洋品担当バイヤーの福田佳世子さんは、ウオーキングシューズ選びの基本的なポイントとして次の点を挙げてくれた。

(1)サイズは「つま先に1センチ、もしくは親指1本分くらい」の空きを持たせたサイズを選ぶ

(2)幅は、当たる箇所がない程度にぴったり合うものを選ぶ(横幅に余裕があり過ぎるとかえって疲れやすく、外反母趾=ぼし=の原因にもなる)

(3)必ず左右ともしっかり履いて、実際に歩いてみて選ぶ(左右が全く同サイズの人はいないので、買うときにインソールなどで微調整してもらうと良い)

(4)旅行用など「長く歩く」ときに履く靴は、ひも靴など「足の甲の部分でしっかりと固定できるタイプ」を選ぶ

(5)女性の場合、ストッキングで履く靴とソックスで履く靴は必ず使い分ける

いずれも誰もが納得できる靴選びの基本ではあるが、特に注意したいのは(2)の横幅だという。「外反母趾で悩んでいる人などに一番多く見られる誤解は、必要以上にゆるい靴を選んでいること」と福田さん。「実際には2Eでもちょうどいいはずなのに『自分は3Eか4E』となぜか思い込んでいる人が多いんです」と強調する。

注目記事
次のページ
男女とも「サイドファスナー付きのひも靴」が断トツ人気
今こそ始める学び特集