「球が高いですねえ」の解説は終わった野球評論家 工藤公康

「取材される側」から「取材する側」になって1年あまりが過ぎました。テレビや新聞などメディアの解説役として別の角度から野球を見つめることは新鮮ですし、そこで改めて見えてきたものがあります。

短いインタビューであっても、下準備に何時間もかけて臨んでいる

プロ野球の選手は、いわば日本球界の頂点にいる「選ばれた人たち」。野球少年にとっては憧れの対象です。彼らは本当に輝いているんです。そのキラキラした選手からどんな言葉を導けるのかを、スタッフと意見を出し合い、真剣に議論しています。試合開始時間から4時間ほど前にはスタジアムに入るのが普通ですし、投手に単独インタビューをする前には、ひと晩かけて過去のビデオを見直したりもします。選手に話を聞く5~10分間のために、何時間も準備に費やし、緊張感を持って取材をしています。

球場に行ったことのある野球ファンはお気づきでしょうが、試合前の練習中、私たち野球評論家が打撃ケージの後ろで監督やコーチ、選手たちとひそひそと話をしていることがあります。実はあれ、世間話ばかりじゃないんですよ。打力、走力、守備力、メンタル面などについて、結構、ストレートな質問を投げかけているんです。「あの選手、打力のどんな部分が持ち味ですか?」「将来はどんな選手に育てたいんでしょうか?」。そしてそのための課題は何ですか、と。

もちろん、選手本人にも聞きます。今の選手は一生懸命に練習し、コーチが「もう、ひと休みいれようや」とストップをかけないといけないぐらい。僕の若い時代とは大違いです。その生真面目さゆえにでしょうか、インタビューをしたときに、短所と思うところも含めて自分をどう自己評価しているかを尋ねても、周囲が思うほどには嫌がらないのです。テレビの地上波での野球中継がどんどん減っている中、若い選手の長所や悩みを、何とかすくい上げて伝えたいと思っています。

野球というスポーツを報道する側に立ったときに、心に決めたことがあります。それは、「選手を否定することはやめよう」ということ。現役時代に自分が嫌だと思ったことは絶対しない、という思いが私の根底にあるのです。

当時は、打たれると必ずと言っていいほど3つの言葉が使われました。「球が甘いな」「今日はコースが高いね」「球威がない」。言われたこちらの方は「?」という気持ちを抱くこともありました。投手の本音を言わせてもらうと、球が真ん中だから必ず打たれるわけではないし、高いからヒットになるわけでもないのです。

逆に自分では狙ったコースに思った通りの球を投げたと思っても、打たれることはザラにありました。さらに言えば、投手はいつもいいピッチングができるわけではありませんし……。

注目記事