東京個別指導学院社長「装いはホスピタリティー」

《この写真の記事を読む》
おしゃれは相手への敬意「着るホスピタリティー」

「スーツは生地の質感で使い分ける」と話す東京個別指導学院の齋藤勝己社長
スーツが主張しすぎないバランス感を大切にしているという
靴ひもをキュッときつめに結ぶのは、父親の所作を見習った
愛用のカフリンクには、母親が愛した真珠を使っている
ホテルマン時代に培ったノウハウが笑顔や着こなしの随所に生かされている

「リーダーが語る 仕事の装い」記事一覧

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019