<西日本>

1位 長崎県美術館 550ポイント
 運河に浮いているような感覚 長崎港に臨む公園に隣接した美術館(長崎市)は運河を挟んでギャラリー棟と美術館棟からなる。その2棟を結ぶ2階部分の渡り廊下に位置する「カフェ」は壁やテーブル、床の一部がガラスで囲まれており、まるで足元を流れる運河の上に浮かんでいるような不思議な感覚になる。大型船の汽笛が響き、緑の丘にはグラバー庭園の一部も見える「旅情豊かなカフェ」(北澤ヒロミさん)だ。また「スイーツが絶品」(井門隆夫さん)で、季節ごとに入れ替えるケーキのほか、展覧会ごとにテーマに合わせた特別スイーツには定評がある。夜は雲仙産の生ハムやビールなどを楽しむ会社員らでもにぎわう。
 (1)10~20時(9月から3月は11~19時)(2)第2、4月曜日(臨時開店もあり)、年末年始(3)不要▼中世から現代に至るスペイン美術コレクションは東洋有数。(電)095・833・2110


2位 金沢21世紀美術館 495ポイント
 加賀野菜ふんだんに 金沢市の巨大な円形の美術館にある「カフェレストランFusion21」。加賀野菜をふんだんに取り入れた料理をビュッフェ形式で楽しめる。「美術館の空気としっくりなじむ」(川口葉子さん)(1)10~20時(2)月曜、年末年始、美術館休館日(3)不要▼現代美術を主とする企画展など。(電)076・220・2800


3位 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 407ポイント
 こだわりの家具・調度品 香川県丸亀市にあり、JR丸亀駅から徒歩1分。「カフェレストMIMOCA」には彫刻家イサム・ノグチなど猪熊氏にゆかりのある作家の家具や調度品がそろって「空間が美しい」(児島さん)。(1)10~18時(2)年末、美術館休館日(3)不要▼約2万点の猪熊弦一郎作品のコレクション。(電)0877・22・2340


4位 京都国立近代美術館 286ポイント
 自家製の生パスタがおいしい 京都市にある「cafe de 505」は自家製の生パスタがおいしい。「桜の季節は格別」(児島さん)(1)9時半~17時(企画展がある場合夏期金曜日は20時)(2)月曜日(3)不要▼京都画壇の日本画など。(電)075・771・5086


5位 島根県立美術館 264ポイント
 宍道湖の眺めが雄大 「リストランテ・ベッキオロッソ」(松江市)は「雄大な眺めを楽しみながらイタリア料理を味わえる」(井門さん)。(1)10~21時(冬期は19時半まで)(2)火曜日、年末年始(3)不要▼印象派絵画など(電)0852・31・2252


6位 香川県立東山魁夷せとうち美術館「な・ぎ・さ」(坂出市)
 瀬戸大橋を眺めつつ味わう抹茶と和菓子セットが人気(電)0877・44・1333
7位 MIHO MUSEUM「ピーチバレイ」(滋賀県甲賀市)
 こだわりの食材で作るおむすびと豆腐、みそ汁の膳がおいしい(電)0748・82・3411
8位 京都文化博物館「阿蘭陀館(おらんだかん)(京都市)
 旧日本銀行京都支店の金庫室を利用した喫茶室(電)075・252・1166
9位 アサヒビール大山崎山荘美術館「喫茶室」(京都府大山崎町)
 天王山の中腹からの四季折々の眺めがよい(電)075・957・3123
10位 薩摩伝承館「フェニーチェ」(鹿児島県指宿市)
 地元の魚介類や野菜を使った本格的なイタリア料理(電)0993・23・0211

表の見方 数字は選者の評価を点数化した。美術館・博物館名。(1)営業時間(2)休店日(3)カフェ利用に必要な入館料。美術館の特徴と連絡先。東3位と5位、西2~5位の写真は美術館提供。東5位の写真は上野則宏氏、西3位は藤田一浩氏撮影。定休日が祝日などの場合は翌日に振替。展示替え期間など臨時、不定期休業あり。最終注文は営業時間より前

次のページ
メニュー、展示作品から発想