山田詠美さんが語る「取り繕わない贅沢」

NikkeiLUXE

「言葉によって具体化されることで、歳をとってからも飴玉を取り出して舐めるような楽しい時間を味わうことができる」。だからこそ本を読むことが大切だと話す山田さん。それは「自分だけの至福を持つこと」にもつながるという。(NikkeiLUXEより)
「言葉によって具体化されることで、歳をとってからも飴玉を取り出して舐めるような楽しい時間を味わうことができる」。だからこそ本を読むことが大切だと話す山田さん。それは「自分だけの至福を持つこと」にもつながるという。(NikkeiLUXEより)
山田詠美さんの最新刊『ファースト クラッシュ』(文藝春秋)では、人生におけるFirst crush(=初恋)をキーワードに、身も心も打ち砕かれるような瞬間が収められている。山田さんが語る、「受けた疵(きず)を美しくする生き方」、人生を楽しく過ごすための術とは。