2019年タレントパワーランキング総集編

『日経エンタテインメント!』は、2008年から年に1回、「タレントパワーランキング」を発表しています。2019年の総合1位に輝いたのはサンドウィッチマンでした。総合編に加え、男優、女優、芸人、音楽など分野ごとのランキングもあわせ、1つの記事にまとめました。年末年始は若手や新顔が活躍しやすい時期。19年のランキングを読み返しながら、「2020年はこの人かも」と想像するのも楽しいものです。

◇タレントパワーとは
株式会社アーキテクトが3カ月に1度実施している、タレントの「認知度(顔と名前を知っている)」と「関心度(見たい・聴きたい・知りたい)」の調査を基に、2つのデータを掛け合わせて「タレントパワースコア」を算出、ランキング化したもの。

■タレントパワー サンドウィッチマン大躍進で初の1位
サンドウィッチマンは昨年6位から大躍進して、初のトップに輝きました。個人でも、伊達みきおさんが10位、富澤たけしさんが14位と大幅ランクアップ。3年連続1位だったマツコ・デラックスさんが2位となりました。

■相葉雅紀、初の男優1位 嵐のメンバー全員がトップ10
男優編は、初の1位を獲得した相葉雅紀さんを筆頭に嵐のメンバーが1~3位を独占、トップ10に全員が入る結果となりました。2020年末がグループとしての活動の最後になるとは、とても思えない勢いです。

■綾瀬はるか、2年連続で女優1位 広瀬すずら20代躍進
女優編の1位は、18年に続き綾瀬はるかさん。2位も同じ新垣結衣さんで、2強時代が続いています。広瀬すずさん、橋本環奈さんら20代の女優がスコアを伸ばしたのが19年の傾向でした。

■サンドウィッチマンが芸人1~3位を独占 千鳥が猛追
芸人編でもサンドイッチマン強しです。コンビが1位、伊達みきおさんが2位、富澤たけしさんが3位となりました。4位は博多華丸・大吉さん、8位には千鳥がランクイン。仲良しコンビで地元愛が強いコンビが支持を集めていることが伺えます。

■急上昇 1位は米津玄師、キンプリが大躍進
急上昇編は、前年調査と比べてスコアを大幅に伸ばした人たちをランキング化したものです。1位は楽曲の大ヒットが続いた米津玄師さん。躍進が目立ったのがKing&Princeです。グループで6位、メンバーでも5位の平野紫耀さんをはじめトップ30に4人がランクインしました。キンプリのいまの勢いを表す結果となりました。

■音楽は嵐が8連覇、米津玄師が4位に
音楽編では、嵐が8年連続の1位でした。全年代の女性に加え、10代・20代の男性の支持が圧倒的に強く、20年末の活動休止までこの勢いが続くのは確実な情勢といえそうです。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
エンタメ!連載記事一覧