「私の人生のピークは70歳だった」ジャレド・ダイアモンド氏 インタビュー(下)

生物学から医学、民俗学まで修める旺盛な好奇心で、人類史に新たな視点を提供してきたピュリツァー賞受賞者、ジャレド・ダイアモンドさん(75)は自身の全盛期は40代でも50代でもなく「70歳のときだった」と語る。待望の新刊「昨日までの世界 文明の源流と人類の未来」(上下巻、日本経済新聞出版社)の発刊を記念したインタビューの後編は、高齢化社会を幸せに生きるためのコツを聞いてみた。

――高齢化と表裏一体の問題として、日本では少子化の現象がある。子供を育てやすいように小児医療費の無償化などを打ち出しているが、金銭的なサポートで解決するだろうか。「昨日までの世界」では隣近所のみんなで赤ん坊を育てるような部族社会の子育ても描かれている。

「お金でこの問題は解決できないだろう。1920~30年代に、イタリアでムッソリーニが同じような施策を打ち出した。8人子供を産んだ女性に褒美をあげるというような内容だったが、特に効果はなく、問題を解決できなかった」

日本の女性の特異性

「私は日本にずっといるわけではないので、聞いたことしか言えないが、女性の役割が変わったのが少子化の原因ではないか。日本や欧米諸国では、女性と男性が平等になってきている。日本の女性は、その平等の権利をより強く欲しているように感じる。とある日本人女性は『高給の仕事があり、自分で自分を支えていけるのに、なぜ結婚しなくてはならないのか。40歳までに子供はほしいが、男性はいらない』と言っていた」

――成熟社会になればなるほど、人間が生殖活動に対して淡泊になる傾向はあるのか。

「そういったことはわからないが、少子化の現実をみれば、40年前に比べて子供を産むことにつながるセックスを好んでいないことは確かだろう。また、女性をリスペクトしない男性のために、高給を得られる職を投げうってまで、子供を産んで専業主婦になることに疑問を持つ女性もいるのだろう」

――ダイアモンドさんの著書「セックスはなぜ楽しいか」を今こそ読んだ方がいいかもしれない。

「あの本は多くの言語に訳された。ブラジルやフィンランドなどで売られている本のカバーはとても刺激的なものだったのに、日本のカバーはおとなしいもので、ちょっと残念だった。そういうところにも文化が出ているといえるだろう」

――日本では、高齢化問題に対し、公的な介護保険など国の制度で対応しようとしている。しかしお金だけで解決するのは難しいのではないか。つい最近まで日本にも隣近所や地域のコミュニティーで高齢者を支えるシステムがあったわけだが。

「それは伝統的社会の解決法だ。ニューギニアやアフリカなどの伝統的社会では、人々は引っ越しなどの移動はしない。生まれ育ったところで死ぬのが一般的だ。しかし、日本や欧米諸国では、人々は頻繁に引っ越しするなど居住場所を変えるようになっている。コミュニティーが崩壊しており、昔から知っている幼なじみや隣近所の人に頼れなくなっている」

注目記事
次のページ
年を取ることを楽しもう