会長に就き、田口社長と二人三脚

会長職は3年間務めました。持ち株会社の常勤役員は4人だけです。会長でも仕事の内容はあまり変わりません。グループ全体で滑ったり転んだり、と様々な問題が日々起きます。日常的に他の役員と協力する集団経営のようです。

重要な意思決定の時は私も意見を述べました。社長が決断するためのアドバイスは惜しみなく言いました。細かい意見の相違は日常茶飯事ですが、根本的なグループ経営方針では違いはありませんでした。

今では、バンダイナムコグループの社員は7000人になりました。まだどちらの出身かという考え方がありますが、薄まってきています。統合直後に入社した人も現在は30代半ばになりました。将来、統合前の旧バンダイ・ナムコ出身の社員がいなくなった時が、ゴールではありませんが、1つの節目になるのでしょうね。

<<(14)チーフ・ガンダム・オフィサーも誕生 元気な暴走奨励
(16)カリスマ創業者の教え 「知る→好き→楽しい」の連鎖 >>

[日経産業新聞 2018年10月25日付]

「仕事人秘録セレクション」は金曜更新です。

商品企画・プロモーション・マーケティング基礎講座/日経ビジネススクール

マーケティングの基礎を学ぶ講座から、企画・戦略の立案に役立つ実践講座まで!

>> 講座一覧はこちら