「カルティエ、時の結晶」ヴィニュロンCEOに聞く

《この写真の記事を読む》
「宝飾品の永続的な美を問う」カルティエ、時の結晶展

水晶、その上に置かれたブローチ、木材、掛け軸など、年代も異なる事物が呼応し合う空間(撮影:小野祐次 (c)N.M.R.L./ Hiroshi Sugimoto + Tomoyuki Sakakida)
「空間、素材、宝飾品すべてをアートととらえた会場です」と話すカルティエインターナショナルCEOのシリル・ヴィニュロン氏
宝飾品は木や石を使った独特の什器に飾られる。異質な素材が融合して見る人に迫る
切り出された大谷石が配され洞窟のような中で宝飾品が展示される。見学者から驚きの声が上がった(撮影:小野祐次 (c)N.M.R.L./ Hiroshi Sugimoto + Tomoyuki Sakakida)
あちこちに配されている数々の古美術品も見どころ。輝きを放つ宝飾品とのつながりを見いだすのも面白い体験だ
光が降り注ぐさまを特別な布で表現した。宝飾品が浮かび上がる(撮影:小野祐次 (c)N.M.R.L./ Hiroshi Sugimoto + Tomoyuki Sakakida)

「トピック」記事一覧

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019