くらし&ハウス

安心・安全

米国市民に聞いた銃の購入、所持、保守管理の実際 銃社会の住人の本音(上)

2013/1/15

 児童20人を含む26人の命が奪われた米コネティカット州の小学校銃乱射事件から、14日で1カ月。惨事が絶えないにもかかわらず、米国で銃規制が進んでこなかったこと自体不可解だが、そもそも素人である一般市民が銃の扱いをどこで覚え、どうメンテナンスしているのか。銃社会の住人でない我々にはそこがわからない。街の人々に“銃のある暮らし”の実態を聞いた。

 「小柄で非力な私には、身を守るために銃が必要」。テキサス州ダラスの女性看護師、アシュレイ・ファーランドさん(31)は自衛のために銃を所持している。「ダラスは大都市で道が渋滞することが多い。もし何者かが家に侵入してきて、警察に電話したとしても、警察官が駆けつけるのに5分以上、もしかすると30分ほどかかってしまうかもしれない。その間、自分の身を守るには、銃しかない。素手で戦うのは現実的でないし、家にあるフライパンや包丁などを使っても、大柄な男をひるませることはできない。実際に発砲するかしないかは別にして、銃を持っていれば、攻撃者を自分に近寄らせず、ひるませることができる」と話す。

■銃があれば、身を守れる…

 最初に銃を買ったのは2009年。約300ドルで「シグ・ザウエル・モスキート」という銃を買った。手が小さい彼女でも握りやすい小型なサイズで軽いのと、使用弾が100発5ドル程度と比較的安いことが購入の決め手となった。銃の扱いに慣れてから、より破壊力が強力なスミス・アンド・ウェッソンの642レボルバーを約400ドルで買った。「この銃なら、どんな大柄で力の強い攻撃者からでも身を守ることができる」と力を込める。

 彼女が銃を買ったのは地元の銃販売店。アメリカの一般的な銃販売店では、ショットガンやライフルなどの大型の銃は壁などのケースに並べて展示され、ピストルなどの小型銃はカウンターの鍵のかかったディスプレーケースの中に入れられていることが多い。宝石店のように、実際に手にとって見たい場合は店員に声をかけなくてはならず、店員は客が商品を見ている間はずっと付き添っていることがほとんど。1回に手に取れる商品は1つで、違う商品を見たければ、商品を一度ディスプレーケースの中に戻し、鍵をかけ直す。こうして盗難などを防止するのが一般的だという。

 また、展示されている銃には弾が入っていることはなく、銃弾は別の場所に展示されていることが多い。

 多くの州で、ライフルやショットガンの購入は18歳以上、ピストルの場合は21歳以上という年齢制限が設けられている。ただ、実際にはその年齢より上に見えれば、商品を見せてくれるといい、店が最初から年齢や銃の利用経験の有無を聞くことはほとんどないという。

 アメリカでは、このような地元の銃販売店のほかに、インターネットや、ガンの青空市とでもいうべきガンショーなどでも銃を購入できる。

 インターネットの銃販売サイトでは一般的なインターネット通販と同様、買いたい銃をクリックして、クレジットカードなどで購入できる。イーベイのようにオークション形式の販売形態を取る店も多い。ただ、購入した銃は直接家には届かない。

【関連キーワード】

米国コネティカット

くらし&ハウス

ALL CHANNEL