ヘルスUP

フィットネス

秋こそ始め時 「筋トレ」にチャレンジ

2019/9/25

「健康になりたい」「痩せたい」「体力をつけたい」――。体に関わる様々な願いを叶えてくれる運動として、筋トレがブームになっています。気温も落ち着いてきた秋こそ始め時です。NIKKEI STYLEで人気を集めた筋トレに関する記事を集めました。

動画でポイントをつかむ

筋トレは効果を上げるには姿勢が大事とされます。ぜひ動画でコツをつかんで下さい
■内臓の「コルセット」鍛え、ぽっこり腹解消
■シックスパック、腹直筋を鍛えぽっこりお腹の脂肪燃焼
■脇腹のたるみ、腹斜筋鍛え解消 メリハリある体に
■猫背になると下腹ぽっこり 脊柱起立筋鍛え姿勢正す
■ぽっこりお腹解消トレーニング 映像見て挑戦!
■シャツの似合う体をつくる 筋トレ3つのポイント
■「広背筋」を鍛えて、シャツが似合う背中を手に入れろ
■「僧帽筋」を鍛えてシャツが似合う肩周りを手に入れろ
■「上腕三頭筋」を鍛えてシャツの似合う腕を手に入れろ

「筋肉は裏切らない」谷本道哉さんインタビュー

筋肉体操の指導者・谷本道哉さん(中央)が、「キツくてもツラくない!」などの印象的な言葉に込めた思いとは?(写真:徳永徹)

NHKの5分間番組『みんなで筋肉体操』で「筋肉は裏切らない!」などのインパクトある言葉が話題となり、筋トレブームの立役者の1人となった近畿大学生物理工学部人間環境デザイン工学科准教授の谷本道哉さん。今秋には複数の関連書籍が発売されるなど、その勢いはとどまるところを知りません。
■筋肉体操・谷本道哉さん 筋トレ三昧、最高の研究生活
■筋肉体操・谷本さん 「キツくてもツラくない」筋トレ
■筋肉体操・谷本道哉さん プライベートは20分筋トレ

HIIT(High Intensity Interval Training:ヒート)

お尻を鍛えるのは男女問わず重要なこと(イラスト 平井さくら)

運動をしたいが時間がない。そんな忙しい人にぴったりなのが、今話題のHIIT(ヒート)です。医学的裏付けもあり、かかる時間はなんと4分。息が果てるほどの運動量に確かな効果が実感できます。
■忙しい人向け 短時間の集中運動HIITトレーニング
■1日4分 話題の筋トレ「HIIT」で体脂肪が落ちる
■20秒! 時短筋トレ「HIIT」で「二の腕」引き締め
■20秒×4動作 時短筋トレHIITで「おなか」へこます
■「お尻HIIT」で股関節強化、運動パフォーマンスUP

様々な筋トレ

筋トレはアスリートやボディービルダーのためだけのものではなくなりつつある(写真はイメージ=PIXTA)

筋トレがブームになった影響もあり、様々な手法の筋トレが提案されています。自分のライフスタイルにあった手法を見つけることが、長続きするカギになるかもしれません。
■お尻・下腹・太もも引き締める 足パカダイエット10
■週3回の「筋肉貯金」 下腹・お尻・太ももを引き締め
■脚のむくみに肩こり 女性の悩みこそ筋トレで解消
■筋トレは脚太くなるからイヤ? 女性の運動6つの誤解
■転ばない体づくり 鍛える筋肉は速筋と遅筋どっち?
■腰・膝の関節、簡単筋トレで守る 痛み改善し転倒予防
■ストレッチは筋トレ後? 筋肉を増やすための10原則

ヘルスUP 新着記事

ALL CHANNEL