写真・動画特集

モンブランジャパン、若きトップの服装哲学

2019/9/12

《この写真の記事を読む》
「スーツ3着、靴は3足でいい」若きトップの服装哲学

「月~木はクラシックなスーツです。金曜日だけは最近少し、カジュアルにしています」と話すシャルル・ラングロワ氏(東京都中央区のモンブラン銀座本店)
「僕が信頼するテーラー、イーサンに出会ってからは、彼の作る服以外は着たくありません」
「サスペンダーが好きです。ポイントはスーツと同色のものをすること」。スラックスは少しハイウエスト気味にするのが好みだ
肩があまり広くないという点をカバーしてくれる、テーラーのスーツ。「仕立ての醍醐味は体型をより良くみせてくれるところにあります」
仕事で履くのはJ.M.ウエストンの3足。いつもぴかぴかに磨き上げる
上着のラペルが太めで優雅なラインがお気に入りだ

「リーダーが語る 仕事の装い」記事一覧

Latest