「買って」訴求の限界とブランディングの未来

日経クロストレンド

ダイレクトレスポンス広告で狙い通りの成果が得られなくなった場合は、ターゲットを掘り起こすブランディング広告が効果的だ
ダイレクトレスポンス広告で狙い通りの成果が得られなくなった場合は、ターゲットを掘り起こすブランディング広告が効果的だ
かつてネット広告の大半は、手っ取り早く成果が期待できるダイレクトレスポンス広告が中心だった。通信環境が整備され、誰もが手軽に動画コンテンツを受信できるようになった現在では、ブランディング広告に取り組む広告主も増えている。どう使い分けるのか。先輩社員「ヒロセ」が、新人に解説する。
MONO TRENDY連載記事一覧
MONO TRENDY連載記事一覧