How to

スーツの汗・靴のニオイ…お手軽ケア法、映像で伝授

2019/8/10

連日厳しい暑さが続くこの季節、気になるのが汗と体のニオイです。出たばかりの汗は無臭ですが、放っておくと雑菌が汗や汚れを餌にしてニオイ物質を発生させてしまいます。やっかいなのが、周りの人は自分以上にニオイを敏感に感じてしまうことです。今回の動画シリーズでは、市販のデオドラント製品には極力頼らず、身近なものを使った汗とニオイのケア方法を解説します。外出先や帰宅時にひと手間でできるので、夏のエチケット対策におすすめです。




■スーツが汗だく! 消毒用エタノールでニオイの元絶つ

外出先で汗をかいてしまったときのスーツの簡単な手入れ方法を紹介します。使用するのは家の掃除からウイルス対策まで様々な用途で使われている消毒用エタノールです。消毒用エタノールをタオルに染み込ませ、襟・背中・脇など汗が染み込みやすい場所を中心に、軽くたたくように押し当ててください。これだけでニオイの元の雑菌を除菌することができす。

■革靴はアルミホイルで消臭 金属イオンが除菌・抗菌

革靴の簡単な消臭方法として、一般家庭に必ずあるアルミホイルを使って除菌・抗菌する方法を紹介します。アルミホイルは空気中の水分に触れることで酸化して金属イオン化します。この金属イオンに除菌・抗菌効果があり、靴の中の雑菌の繁殖を抑えてくれます。アルミホイルを50センチほどで切って丸め、靴の中に入れて一晩保管するだけです。

■滴る汗 濡れハンカチで拭けばさっと引く

じっとしていても汗が滴り落ちるこの季節。ハンカチで拭いても拭いても汗が止まらず、時間がたつと体臭が気になってくることも。そんな悩みを軽減してくれるのが、濡(ぬ)らしたハンカチやタオルと保冷剤です。そもそも暑いときに汗が出るのは、体温調節のためです。汗が肌で蒸発するとき、気化熱で熱を逃がして体温を下げてくれます。水で濡らしたハンカチで拭けば、水分が適度に残って汗が出にくくなります。

監修:臭気対策コンサルタント 松林宏治
衣装:スーツ、タイ/麻布テーラー(麻布テーラープレスルーム) シャツ/メーカーズシャツ鎌倉 靴/ジョセフ チーニー(ブリティッシュメイド 銀座店)

「How to」記事一覧

アンケート実施中!

NIKKEI STYLE Men's Fashionについてあなたのご意見を聞かせて下さい。
調査協力いただいた方の中から抽選で20名にアマゾンギフト1,000円分をプレゼント!
>> アンケートはこちら

Latest