蜷川実花監督 新たな挑戦とヒロインに託す温かい思い

NikkeiLUXE

過激な描写が多いために映像化は不可能と考えられていた原作を、蜷川さんならではの表現で見事にクリアした話題作。(NikkeiLUXEより)
過激な描写が多いために映像化は不可能と考えられていた原作を、蜷川さんならではの表現で見事にクリアした話題作。(NikkeiLUXEより)
主演の藤原竜也さんと蜷川実花監督の初タッグでも話題の映画『Diner ダイナー』。店主も客も全員が殺し屋の「ダイナー(食堂)」を舞台に繰り広げられる、壮大かつ華やかなこのサスペンスエンターテインメント作品に、蜷川監督が込めた思いとは。