――テーマとしてはなんですか?

「70年代サーフスタイルかな。ボーダーも多色でレトロ感があるでしょ。ここでもTシャツの青を短パンの色で拾っています」

■ブルーで爽やかにアイビースタイル

ショーツ1万4904円(キートンチェイス)、シャツ1万1880円(セプティズオリジナル)、シューズ2万9916円(ジーエイチバス)、ベルト6912円(バロンズハンター)、キャップ6372円(スマザーズ&ブランソン)

「最後は、アイビーっぽく仕上げてみました。プルオーバーのボタンダウンシャツに、いわゆるバミューダショーツ。素材はシアサッカーで夏も涼しいです。ベルトはちょろ出しで、ちょっとアクセントを付けて。ちなみに丈が長くて気に入らなかったんで1回折ってます」

――キャップには「Y」の文字。

「そう。アイビーリーグの一つ、エール大学の頭文字の『Y』です。自分なりの遊び心を加えています。シューズは原宿キャシディの八木沢博幸さんと別注して作ったG.H.BASS(ジーエイチバス)。最近作ったからね、履きたかったのよ(笑)」

――トップスはブルーでまとめていますね。理由はあるのでしょうか?

「いや、単にブルー系をポイントにまとめてみたらどうかなと思って。爽やかでしょ。ちなみにキャップはブルー系じゃなくてもいいよ」

※表示価格は税込み。

文:FACY編集部 溝口駿介(https://facy.jp/) 写真:加藤潤

「プロのコーデ」記事一覧

SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰した。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
GIFT SPECIAL 2021
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram