How to

スーツが汗だく! 消毒用エタノールでニオイの元絶つ 汗とニオイのお手軽ケア(1)

2019/7/20

強い日差しが照りつけ気温がぐんぐん上昇するこの季節、気になるのが汗と体のニオイです。出たばかりの汗は無臭ですが、放っておくと雑菌が汗や汚れを餌にしてニオイ物質を発生させてしまいます。やっかいなのが、周りの人は自分以上にニオイを敏感に感じてしまうことです。今回の動画シリーズでは、市販のデオドラント製品には極力頼らず、身近なものを使った汗とニオイのケア方法を解説します。外出先や帰宅時にひと手間でできるので、夏のエチケット対策におすすめです。




初回は外出先で汗をかいてしまったときのスーツの手入れ方法です。使用するのは家の掃除からウイルス対策まで様々な用途で使われている消毒用エタノールです。消毒用エタノールをタオルに染み込ませ、襟・背中・脇など汗が染み込みやすい場所を中心に、軽くたたくように押し当ててください。簡単な手入れですが、これでニオイの元の雑菌を除菌することができす。

ニオイのついたスーツは、入浴直後の浴室に約10分間干してください。浴室にこもった蒸気が、繊維に染みついたニオイ分子を吸着して飛ばしてくれます。長時間放置すると雑菌が繁殖してしまい、逆にニオイの原因になってしまうので注意してください。浴室から出したら、換気の良い場所で一晩干してよく乾かしてください。ニオイをしっかり落としたい場合は、スチームアイロンの蒸気をあてるのが効果的です。

監修:臭気対策コンサルタント 松林宏治
衣装:スーツ、タイ/麻布テーラー(麻布テーラープレスルーム) シャツ/メーカーズシャツ鎌倉 靴/ジョセフ チーニー(ブリティッシュメイド 銀座店)

「How to」記事一覧

Latest