キャッシュレス決済に「高還元疲れ」 普及の妙手は?

日経クロストレンド

各種キャッシュレス決済に積極的に対応する松屋の店頭表示
各種キャッシュレス決済に積極的に対応する松屋の店頭表示
「2025年までに決済のキャッシュレス比率を40%に」という政府の目標に向かって、日本でもキャッシュレス化への取り組みが進んでいる。これまでは主にQRコード決済サービス事業者が打ち出すキャンペーンによる「競争」で普及を図ってきたが、2019年春以降は、「機能の違い」や「協調」による市場開拓の動きもみられるようになってきた。直近の動きを追った。
MONO TRENDY連載記事一覧
MONO TRENDY連載記事一覧