出世ナビ

仕事人秘録 ハイデイ日高

次の狙いは「首都圏ローカル」 住宅街の私鉄駅に金鉱 ハイデイ日高会長 神田正氏(12 終)

2019/5/24

人を大切にする会社、という色合いが年々、濃くなってきた。

10年もの間、まじめに夜のシフトで貢献してくれて、でも会って感謝の言葉をかける機会もないまま、辞めていく人がいます。それでは寂しいし申し訳ないので、4年前からパート・アルバイトを対象に「フレンド社員感謝の集い」を催しています。年に3回、それぞれ300人くらいずつ、参加してくれています。

毎回、語りかけるのは、経営者としてのこれからの夢、それに自分の人生をたくましく切りひらいてほしいというエールです。外食産業には、やりよう次第で夢をつかめる魅力があります。

パーティーはイスラム系の民族衣装をまとった女性もいて、華やかですよ。いろんな国籍、文化の人が働いてくれていると改めて実感します。

感謝の気持ちというのは、修羅場の苦労を経験していないと、本当にはわからないものです。貧乏に生まれたっていうのはね、ある意味、たいしたもんですよ。ある程度の家庭に生まれて大学でも出てれば、絶対、もっと楽な生き方をしていますね。格好いい生き方をね。

事業欲って何だろう、と考えるとね、自分だけの安定じゃなくて、一緒に働く人たちが同じように、生活の質を高めていけるようにする欲求ではないかと思うんです。自分独りでやれることはありませんから。=この項おわり

<<(11)「駅前はもうからない」覆す 理詰めで首都圏固める

神田正
ハイデイ日高会長。1973年大宮市(現さいたま市)に個人経営店「来来軒」を開店。78年、有限会社日高商事を設立して社長就任。98年ハイデイ日高に商号変更。2009年から現職。埼玉県日高市出身。75歳。

[日経産業新聞 2016年9月27日付]

これまでの連載記事見出し一覧はこちら

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR


出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL