シンプルな白シャツこそ生地とディテールを吟味

今回は大井氏のコメントを踏まえ、白シャツを紹介していく。

■上質な生地を使ったアイテム提案

ともすればチープに見えかねない白シャツは、先の大井氏のコメントにもあったように、上質な生地を使ったものを選びたい。FACYユーザー投稿においても、「生地の良い」「上質な素材を使った」アイテムを求める姿が目立った。

それに対して、ショップスタッフは案の定、上質な生地を使ったアイテムを提案した。世界三大コットンのひとつ「ギザコットン」を使ったものや、高級素材である超長綿を使ったコットンポプリン生地など、作り手のこだわりが詰まった生地を使用したアイテムが顔を並べた。

パリッとした生地感が特徴のオックスフォード生地を使ったボタンダウンシャツ。ややタイトなシルエットや小ぶりな襟、やや短い着丈と、バランスの良いデザインが目を引く SPINNER BAIT(スピナーベイト) / ボタンダウンシャツ オックスフォード ホワイト / 1万260円税込み

■かっちりしすぎない、ややゆったりめ

ワイドシルエットやビッグサイズがトレンドな現在。パンツやTシャツに限らず、やや堅い印象を覚える白シャツも例外ではない。「ゆるいシルエット」のアイテムを求めるユーザーが多く見受けられた。そんなユーザーに対して、提案されたアイテムが身幅をやや広くとり、肩が落ちたシャツだ。決してだらしなく見えないバランスの取れたデザインに多くのユーザーが反応を示した。

シャツ専業ブランドSH(エスエイチ)のレギュラーシャツは、ドレスシャツのような上品な印象に仕上がっている。トレンドを押さえつつ、デザイナーのこだわりがたっぷり詰まった一枚だ SH / Regular Collar Shirt / 2万5920円税込み

■ビジカジに使えるシワになりにくいシャツ

白シャツともなれば、やはりビジネスシーンとしてのニーズも高い。ユーザー投稿においても、「ビジカジで使える」といった文言を加えてショップスタッフに尋ねた。それに対して、ショップスタッフが提案したのが、シワになりにくいシャツだ。ファッション性の高さだけでなく、実用性の高い社会人にうれしいアイテムだった。

長時間のデスクワークのストレスを解消するべく開発されたこの一枚。可動域が広く、シワにもなりにくいという、まさに社会人の味方ののようなシャツだ TEATORA(テアトラ) / Keyboard SHIRT 3万6720円税込み

文:FACY編集部 齊藤 峻(https://facy.jp/)

「 Fashion × Analytics 」記事一覧

SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰した。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2020
GIFT SPECIAL 2020
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2020
Instagram