How to

器と箸、それぞれ片手で持ち上げるのはNG 恥をかかない会食のビジネスマナー 和食編(3)

2019/5/11

「恥をかかない会食のビジネスマナー」の3回目は、箸づかいのマナーです。箸の持ち方については多くの人が気を付けていますが、正しい箸の取り方や置き方を知っている人は多くありません。今回は、器を持って食べる際の箸づかいについて解説します。




箸を取る前に、まず器を両手で持ち上げます。次に利き手で箸を取り上げて、器を持っている手の中指と人さし指(または薬指と小指)に挟みます。最後に利き手を下に折り返して箸を持ちます。置く際には、持ち上げたときの逆の動作をしてください。

和食では、2つ以上の動作を一度にしないのがマナーで、基本的に1つの動作を両手で行います。このため器と箸をそれぞれ片手で持ち上げるのはNGになるのです。一連の動作がスムーズにできれば、スマートな印象を会食相手に持ってもらうことができます。動画を見ながら練習してみてください。

監修:ヒロコマナーグループ代表 西出ひろ子
衣装:スーツ/ラルディーニ、シャツ/ルイジ ボレッリ(以上シップス 銀座店)タイ/ジョンコンフォート(ビームス 六本木ヒルズ)靴/エドワードグリーン(エストネーション)

「How to」記事一覧

Latest