エンタメ!

何でもランキング

親子・カップルで行く 個性派「プラネタリウム」ベスト10

2012/7/27

「はやぶさ」の帰還、金環日食、国際宇宙ステーションに到着した飛行士の星出彰彦さん……。ここ数年で宇宙・天体への関心が一気に高まる中、デジタル化などの技術が進んだプラネタリウムも注目を集めている。夏休みに親子やカップルで「星空散歩」が楽しめるユニークな施設を専門家に選んでもらった。

写真は名古屋市科学館提供
1位 名古屋市科学館「Brother Earth」(名古屋市) 490ポイント
光学式とデジタル式がコラボ 「伝統、設備の新しさ、入場者数、スタッフの充実度など、世界を代表するプラネタリウム」(田部一志さん)。2011年3月に設備を一新。直径35メートルという世界一の規模のドームに、最新型の光学式プラネタリウムと、コンピューターで計算した星空を投影するデジタル式プラネタリウムの組み合わせで宇宙旅行などが再現できる。番組は月替わりで独自に制作、学芸員が生で解説する。専用の音響システムも導入、例えば足元から虫の声も出せるなど臨場感にこだわっている。
(1)展示室とプラネタリウムを合わせた観覧料は大人800円、高校・大学生500円、中学生以下無料(2)毎週月曜日(月曜日が祝日などの場合は翌平日)など(3)052・201・4486(4)市営地下鉄東山線・鶴舞線伏見駅下車徒歩5分
写真は大阪市立科学館提供
2位 大阪市立科学館(大阪市) 400ポイント
大阪の星空を忠実に再現 ドームの直径は26.5メートル。「投影星数は肉眼で見える範囲に抑え、大阪で見える星空を忠実に再現している」(青木満さん)。日本最古の旧投影機も見学できる。
(1)プラネタリウム観覧料は大人600円、高校・大学生450円、中学生以下3歳以上300円(2)毎週月曜日(月曜日が祝日などの場合は翌平日)など(3)06・6444・5656(4)市営地下鉄四つ橋線肥後橋駅から徒歩約8分
写真は山梨県立科学館スペースシアター提供
3位 山梨県立科学館スペースシアター(甲府市) 330ポイント
番組に強いメッセージ性 2010年3月に設備を一新した。全国から募集した、星空への思いをつづった詞を織り込んだプログラムなど「メッセージ性の強い番組が多く、星や宇宙にまつわる様々なイベントもある」(木村かおるさん)。
(1)入館料とスペースシアター観覧料のセット券は一般・大学生800円、小中高生320円(2)毎週月曜日(休日、夏休みを除く)など(3)055・254・8151(4)JR甲府駅からバスで約20分
写真はかわさき宙と緑の科学館提供
4位 かわさき宙(そら)と緑の科学館(川崎市) 300ポイント
最新機でリアルな星空 4月に設備を一新。世界最高とされる光学式のメガスター最新機とデジタルプラネタリウムを駆使し、精緻な星空を投影。9月からは小中学生が番組を制作し同館で上映するプログラムも始まる。
(1)観覧料は一般400円、高校・大学生200円、中学生以下無料(2)毎週月曜日(月曜日が祝日などの場合は翌平日)など(3)044・922・4731(4)小田急線向ケ丘遊園駅から徒歩約15分
写真はプラネターリアム銀河座提供
5位 プラネターリアム銀河座(東京都葛飾区) 290ポイント
お寺の中の快適空間 お寺の中にある珍しい施設。25席と小規模だが、革張りのいす、冬季の床暖房システムなど快適性を追求し「リッチな気分で楽しめる」(高梨直紘さん)
(1)大人800円、子ども(10歳~中学生)500円(2)開館は毎月第1、3土曜日午後3時から。要予約(3)03・3696・1170(4)京成線立石駅から徒歩5分
写真はつくばエキスポセンタープラネタリウム提供
6位 つくばエキスポセンタープラネタリウム(茨城県つくば市) 250ポイント
多彩なオリジナル番組 最新の宇宙論から星占いまで多様な話題が盛り込まれ「様々な趣向の番組が楽しめる」(上坂浩光さん)
(1)展示場とのセット券は18歳以上800円、高校生以下4歳までは400円(2)毎週月曜日(月曜日が祝日などの場合は翌平日)など。夏休み中は無休(3)029・858・1100(4)つくばエクスプレス線つくば駅から徒歩5分
7位 コニカミノルタプラネタリウム「満天」(東京都豊島区) 240ポイント
都心で気軽に訪れることができる施設。アロマの香りの出る演出など「大人の女性をターゲットにした番組が人気の秘密か」(尾久土正己さん)。
(1)高校生以上1000円、小中生500円など(2)定休日なし(作品入れかえ時のみ休業)(3)03・3989・3546(4)JR池袋駅から徒歩10分
8位 仙台市天文台(仙台市) 230ポイント
8人のスタッフが手作り番組をそれぞれ解説。毎週土曜日の「トワイライトサロン」では天文台長やゲストが様々な話題を取り上げる。
(1)展示室とのセット券は大人1000円、高校生600円、小中学生400円(2)毎週月曜日と毎月第3火曜日(これらが祝休日の場合は翌日)など(3)022・391・1300(4)JR仙山線愛子駅からバスで約10分
9位 葛飾区郷土と天文の博物館(東京都葛飾区) 190ポイント
「デジタルプラネタリウムの先駆け」(木村かおるさん)。ほかの施設と違い、大人向けのオリジナル番組が中心。光学式とデジタル式のシステムを融合し、生の解説で宇宙の果てまで体験。問い合わせ電話03・3838・1101
写真は明石市立天文科学館提供
10位 明石市立天文科学館(兵庫県明石市) 170ポイント
伝統的な光学式プラネタリウムを半世紀以上使用。水平線が切り絵風で昔ながらの雰囲気に浸れる。問い合わせ電話078・919・5000

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL