高良健吾が語る新境地 自分の限界との向き合い方

NikkeiLUXE

時代劇の巨匠・中島貞夫監督が20年ぶりにメガホンをとったことでも話題の『多十郎殉愛記』。今までとはまた違った高良さんの魅力が詰まっている。(NikkeiLUXEより)
時代劇の巨匠・中島貞夫監督が20年ぶりにメガホンをとったことでも話題の『多十郎殉愛記』。今までとはまた違った高良さんの魅力が詰まっている。(NikkeiLUXEより)
映画『多十郎殉愛記』で、本格的な殺陣のある時代劇に初挑戦する高良健吾さん。ストイックな在り方が魅力の高良さんが思う、時代劇の「カッコよさ」とはなにか。そして、10代20代の頃は「演技をするのがつらいこともあった」と振り返る彼に訪れた変化とは。