中曽根・吉田・浜口…昭和のリーダー1位は誰か

激動の昭和期には皇居もしばしば歴史の舞台となった
激動の昭和期には皇居もしばしば歴史の舞台となった
中曽根康弘元首相が亡くなりました。5年におよぶ長期政権を敷き、国鉄分割民営化や日米安保体制の強化を実現するなど一時代を画しました。中曽根元首相の死は、最もリーダーシップのあり方が問われ続けた昭和時代(1926~89年)について、改めて思いを起こさせます。
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧