真珠湾攻撃 ミッション不徹底が山本五十六長官の誤算

太平洋戦争で日本の連合艦隊を率いた山本五十六・海軍元帥は、ハワイ・真珠湾奇襲を成功させた提督ですが、実は作戦の不徹底が4年後の敗戦の遠因になったとする指摘があります。現代マネジメントの視点も加えて真珠湾攻撃の功罪を再検証します。