「働き方改革」 副業・兼業で何が問われるのか

正規雇用以外の労働者が増えていくことが予想される
正規雇用以外の労働者が増えていくことが予想される
働き方が変わっていく中で、副業や兼業への関心が高まっています。政府も成長戦略の柱の一つとして、副業などをしやすい環境づくりを掲げています。実際に副業などが進めば企業と労働者に何が起きるのでしょう。丸尾拓養弁護士が法的な側面を答えます。
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧