逆風のグーグルとバイドゥ、検索からAIへ

GAFAなどへの世界的な「デジタル課税」が具体化へ向かうなか、米中の「巨人」の動向に注目が集まる
GAFAなどへの世界的な「デジタル課税」が具体化へ向かうなか、米中の「巨人」の動向に注目が集まる
米司法省は、グーグルの親会社「アルファベット」を新たに反トラスト法違反で調査する準備を始めたと伝えられます。バイドゥの今年1~3月期の最終損益は赤字。米中の巨大検索サービス企業が目指すのはAIビジネスの加速です。
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧