学生の味方か敵か、就活カフェホンネの就活ツッコミ論(96)

石渡嶺司 大学ジャーナリスト

石渡嶺司 大学ジャーナリスト

今回のテーマは「就活カフェ」。学生は無料ないし安価で利用することが可能。カフェによってはカウンセラーが常駐し、就活相談にも乗ります。就活関連資料が置いてあったり、コピー機・ノートパソコンなどを貸し出すカフェも。そして、このカフェには様々な企業の採用担当者が出入りして話をしたり、セミナーを打つこともあります。

就活カフェは2010年代ごろから盛んとなり、現在は東京・大阪を中心に広がりつつあります。では、この就活カフェは就活生の味方になるのでしょうか?

源流は1960年代、始まりは2000年代?

就活カフェを定義するとしたら「学生は利用が無料または安価」「Wi-Fiや電源があり、就活相談・資料コーナー・コピー機などもあり利用可能」「運営はスポンサー企業が負担。代わりに出入りすることで学生との接触が可能」というところ。

ただ、起源はやや曖昧です。1番目だけ見ればその源流は1960年代~1970年代まで遡ります。当時、大手企業は自社内にリクルートコーナー(リクルートルームなどの別称も)を設置していました。学生は自由に利用できて企業情報も知ることができます。さすがに就活相談に乗るカウンセラーはいませんでした。

模擬グループディスカッションに参加する学生。奥の社会人はコーポさっぽろの採用担当者でファシリテーター役

さらに時代が進み2001年になると大阪、神奈川、東京・渋谷などに若者専用のハローワークを各地の労働局が開設していきます。こちらは現在では新卒応援ハローワークとして47都道府県・主要都市に開設されています。さらに類似する就活支援拠点としてジョブカフェも各地で開設されていきました。新卒応援ハローワークは国・労働局が運営するため、企業がスポンサーとなるわけではありません。ただ、学生が自由に利用できる、という点ではこちらも源流の一つ、と言えるでしょう。

新聞雑誌を検索していくと、一番古い記事は2007年2月3日の読売新聞夕刊「気軽に相談『就活カフェ』 アドバイザー待機 企業説明会や支援講座=北海道」です。紹介されているのはジョブカフェと「ジョブ☆スタジアム 1・3カフェ」。後者は運営がジェイブロードという就職支援会社で、ひとまずこちらが元祖となりそうです。この就活カフェは現在も存続。ただし、就活相談は事前予約制です。2011年にはキャリぷら(大阪・本町)、2012年にはパソナが学職カフェを大阪に設置。2013年にはエンリッションが「知るカフェ」を開設しています。

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
Mirai アーカイブズ
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
Mirai アーカイブズ