私服面接、企業の狙いは?~学生が資生堂担当者に聞く就活ファッション

熊谷さん 私は資生堂に出向する前はANAエアポートサービス(ANAAS)で採用担当を務めていました。ANAASでの面接はスーツ指定でしたが、それには理由があります。キャビンアテンダントも空港勤務のグランドスタッフも、基本的に制服を着て仕事をします。だから採用する側としては、あえて制服のようにみんながスーツを着ている中で、にじみ出てくる個性を見極めたいと考えていました。「お客様が声を掛けやすい雰囲気かな」といったような視点でみるということです。

木村さん 先輩が食品メーカーにニットを着ていったところ、周囲の学生はほとんどが襟付きのシャツを着てきたそうです。そうしたら人事の方に「暖かそうだね」って皮肉を言われたといっていました。

企業理念を参考に


佐藤さん その担当者の真意は分かりませんが、その企業がお客さまに「どのように見られることを望んでいるか」を考えてみると、迷いが生まれにくいのではないかな。例えば、資生堂では「美しくあること」が大切です。その人らしい個性的な美しさが表現されていて、なおかつTPOに合うのか、という視点で考えます。

一方、もしかするとその食品メーカーは、「品質のよさ」や「安心感」をより重要なポイントに掲げているのかもしれません。そうすると、襟付きでクリーンなイメージの服装が、その企業にはマッチしていたと考えることもできますよね。

各社の公式ウェブサイトなどにある企業理念を参考にするといいですよ。その企業が一番大事にしている、根幹にある考え方が企業理念だから。それを共有する仲間になった自分を思い描いたら、合う服装のイメージも自ずと湧いてくるのではないかな。

熊谷さん 同じ企業内でも、職種が違うと求められるポイントが変わってきます。資生堂の場合、技術職や事務系職種、店頭で販売をする美容職(ビューティーコンサルタント)などいろいろありますが、例えば美容職の採用だったらやはり「お客様があの人から買いたいって思ってくれそうな人かな」という視点で見ます。そうすると「そもそもメイクに関心は高い人なのか」「トレンドをキャッチしているか」といったところが、自ずと判断基準になってきますよね。

木村さん 髪色はどうですか?

熊谷さん 企業によりますかねぇ。接客などの仕事ではお客様からの見られ方を大切にしている場合も多いと思うので、あまりにも明るい色だとびっくりされてしまうかもしれません。

佐藤さん 服装と同様に、職種によっても異なると思います。当社は人事担当者がこの髪色でも、特に何も言われません(笑)。ただ、営業職の場合はクライアントから見た印象や信頼といったことが重要なポイントになってくるから、同じようにはいかないかもしれない。

自分で自分をどう見せたいか、という視点も大切です。例えば面接を受けようとしているのが堅い企業で、自分のことも真面目に見せたいのなら、髪色もそれに合わせたほうがいい。でも、あくまでパイオニアになりたいんだったら、違った髪色で臨むのもいいかもしれない。自分がどういう性格で、その会社にとってどのような人材に見られたいか。それによって髪色やメイクを考えていったらいいのではないでしょうか。

◇  ◇  ◇  ◇  ◇

「就活メイク」は一人ひとり違う――高橋礼行・アソシエイトトップヘアメイクアップアーティストに聞く

座談会後半では、資生堂アソシエイトトップヘアメイクアップアーティストの高橋礼行さんから、メイクにポイントを絞ったアドバイスも。3タイプの「なりたい自分」別に、実際にメイクしたモデルの写真を見ながら、そのポイントを説明してもらいました。

タイプ(1)「親しみやすくコミュニケーション能力が高い人材」
タイプ(2)「安定感と信頼感がある人材」
タイプ(3)「自分の意見を明確に言える強い人材」

秋山さん・木村さん (写真を見ながら)全然違う!

高橋さん 特に違うのはアイメイクですよね。(1)は、アイラインを引いていないし、アイシャドウの色も明るくしています。(3)は、アイシャドウもアイラインもしっかり入れる。(2)はその中間です。アイシャドウもアイラインも入れているのは(3)と共通するのですが、少し印象を和らげるために、アイラインはペンシルタイプで、色もブラウンにしています。 (3)のアイラインはリキッドタイプのブラック。より目元がキリっとします。

高橋礼行さん(資生堂)

自分を俳優だとイメージしてみましょう。今度のドラマのオーディション、役柄は? ストーリーは? 例えば「後輩役」のオーディションなのに、先輩風なメイクで臨んだら「なんだか違うな」と思われてしまう。何を求められているのか、自分をどう見せたいのかを考えて、それに応じて効果的なメイクを考えるといいです。

佐藤さん ただ、無理して企業の求めるものに合わせるのは違うかな、とは思います。行きたい企業があって、その企業の求めるものが自分の中にあると思えば、その部分がより際立つよう、メイクで後押しすることはできると思います。

秋山さん・木村さん なるほど。

高橋さん 正解がひとつじゃないからこそ迷うこともあると思うけれど、見せたい自分をはっきりさせることで、作戦が立てやすくなります。デパートのコスメカウンターなどで、ビューティーコンサルタントに相談するのもおすすめです。そのとき「就活用のメイクを」というオーダーのしかたではなく、自分の「なりたい自分」を伝えてみましょう。意志の強さをアピールしたい、大人っぽい雰囲気を演出したい、親しみやすい空気を醸し出したい......ぜひ、いろいろイメージを膨らませてみてください。

※資生堂の「就活メイク」HPは こちらから

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
Mirai アーカイブズ
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
Mirai アーカイブズ